印刷してくれるところもある

チラシ配り

さいたまでチラシ配布をするためには、当たり前ですが宣伝したい商品やサービスの概要が載ったチラシが必要となります。もしも、チラシをまだ制作していないなら、配布だけではなく印刷してくれるところも選ぶのがよいでしょう。別の業者で印刷してもらって、それをチラシ配布業者に持ち込むとなると、手間や時間が余計にかかってしまいます。すべてを一貫してやってくれるところなら、最初に注文すれば良いだけなので手間や時間を大きく節約できるでしょう。それに加えて、両方をセットで注文する場合は、別々に注文するときよりも安くなる場合が多いので、金銭的な面でも節約することができます。

インターネットで注文可能

フライヤー

さいたまで印刷とチラシ配布の両方をやってくれる業者を探しているなら、インターネットを活用して検索してみましょう。検索結果で数多くの業者が見つかるはずなので、その中からきちんと選べば、自身が望むチラシ配布を行えるようになります。実店舗とは違って、インターネット上のやり取りだけで注文が行えるので、忙しくてあまり時間が取れない方にはピッタリな方法といえるでしょう。ただし、業者の公式ウェブサイトを読んだだけでは、サービス概要を完璧に理解できないこともあります。その状態で仕事を依頼するのは不安でしょうから、印刷やチラシ配布について知りたい情報があるなら、メールアドレスや電話番号を使って業者に尋ねてみましょう。

デザインデータを簡単に渡せる

印刷物

チラシを印刷してもらうためには、自分たちで作成したデザインのデータを業者に渡さなければいけません。さいたまの業者では渡せる方法をいくつか用意してくれていますが、インターネットで注文を受け付けている場合は、まず間違いなくデータ入稿フォームが用意されています。初めてでも簡単にデザインデータが送れるようになっているため、スムーズに印刷からチラシ配布までやってもらえるでしょう。なお、USBメモリやDVDにデザインデータを保存して、輸送で送るという昔ながらの方法を採用しているところもあります。もしも、フォームから送ることができないときは、郵送で送れる業者を選ぶのがよいでしょう。ただし、郵送時にメディアが破損する可能性があるため、梱包するときにしっかりと保護する必要があります。なお、入稿するデザインデータの形式やサイズを、細かく指定している業者もあるので気をつけなければいけません。指定通りのものを作って渡さなければ、印刷をしてもらえないので、もちろんチラシ配布も行ってもらえないです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中